Capriccioso, ma non troppo

気まぐれに、でも、ときにはちょっと真面目に。

やればできる?

f:id:ailecapri:20200321092049j:plain

少し前に『Mindset』 (Carol Dweck)という本を読んだ。

英語版で読んだのだが、この本の邦訳版のサブタイトルが「『やればできる!』の研究」となっていたのがちょっと気になってしまった。

ちなみに英語版は Changing the way you think to fulfil your potential (考え方を変えて、あなたの可能性を最大限に発揮しよう)となっている。

本の内容は学術的な研究をベースにしていて真面目なものなのだが、「やればできる」という言葉のせいで、なんか急に俗っぽい(さらに言えばうさんくさい)感じになってしまった気がしたからだ。

まず断っておきたいのだが、僕自身は「やればできる」は正しいと思っている。

この本を読んで、その気持ちは強くなった。

2つのマインドセット

簡単に本の内容を紹介しておくと、世の中には大きく分けて2通りの考え方をする人たちが存在している。

それは、growth mindset (成長マインドセット)と fixed mindset (固定的マインドセット)と呼ばれるものだ。

成長マインドを持つ人は、自分はもっと成長できると信じており、困難に遭遇したときに「より成長するチャンス」と捉える。

固定的マインドを持つ人は、人の能力は生まれたときに決まっていると信じており、困難に遭遇したときに「これが自分の限界」と捉える。

ただし、すべての人が確定的にこのどちらかに分類できるわけではなく、普通はこの2つの間を行ったり来たりしている。

実際、ちょっとした条件づけで一時的にその人のマインドセットを誘導することができ、これを利用していろいろな実験が試みられている。


僕自身は子供のころから固定的マインドセットに縛られていたように思う。

学校のテストは(この本に書いてあるように)能力を判断する(judge)ものだと思っていて、うまくいったときは嬉しかったし、うまくいかなかったときは能力が足りないのだと思って落ち込んだ。

すぐに理解できることを学ぶのは楽しかったが、難しくなると早い段階で諦めてしまう傾向があった。

「能力があればすんなり理解できるはず。理解できないのは自分の能力を超えているから。」という考えを無意識のうちに持っていたからだろう。

でも、この考えは、変えられるらしい。

永続的に成長マインドセットを持った人間になるのは簡単にはいかないかもしれないが、少なくとも意識すれば一時的にマインドセットを切り替えられることはわかった。

「やればできる」「誰でもできる」 ≠ 「簡単にできる」

本題に戻って「やればできる」という言葉について考えてみたい。

「やればできる」と思うことは重要だ。そうでないと、努力しようと思わないだろう。

だけど、「やればできる」という言葉が根拠のない薄っぺらい励ましの言葉に聞こえてしまう。

ある種の無責任さを感じてしまうのだ。

世の中で安易に使われすぎている言葉だからだろうか。

似たような言葉で「誰でもできる」というのも、誤解を生みやすい表現だ。

「誰にでもできる簡単なお仕事です」

という表現から連想されるように、「誰でもできる」には「簡単にできる」という含みがあるように聞こえる。

自分のやっている仕事がこんなふうに言われたら、ムッとするのではないだろうか。そんなに簡単なものじゃない、と。

でも、冷静に考えてみると「誰でもできる」という言葉自体には「簡単に」という含意はない。

「誰でも『相応の努力をすれば』できる」という言い方なら正しいのではないか。

そして、世の中のたいていのことは「誰でも相応の努力をすればできる」のだと信じたい。

ただし、「相応の努力」というのは人によって異なるだろう。

その対象に関する前提知識、要領の良さ、学習環境などが揃っていれば、大して努力せずにできるようになってしまう場合もありうる。

だから、そういう事情を考慮しないで、安易に「○○ は誰にでもできます」などという言説にはどうしてもうさんくささを感じてしまうのだ。

「英語は誰でも話せるようになります」「誰でもブログで稼げます」「プログラミングは誰にでもできます」

こんなことを言っている人たちは、嘘をついているわけではない。

心の底からそう信じていて、善意で言っている人も多いだろう。

だけど、ほんとうの意味は「誰でも『相応の努力をすれば』できる」のだということ、そして、それを言っている人たちと自分とでは「相応の努力」の量が全然違う可能性があるということは考えておいたほうがいいかもしれない。



自己管理能力「レベル1」な人のためのプチ・アプリ集

Capriccioso, ma non troppo -- https://capriccioso.info/


Photo by Markus Spiske on Unsplash
aile@capriccioso.info