Capriccioso, ma non troppo

気まぐれに、でも、ときにはちょっと真面目に。

残り時間を可視化するアプリ『Countdown』

f:id:ailecapri:20200229124907p:plain

先日「こぼれ落ちる時間」という記事を投稿したが、期限のない先延ばしという問題に立ち向かうために、さっそくアプリを作ってみた。

といっても、時間がどんどん減っていくのを目に見えるようにするだけの、ごくごく単純なアプリだ。

目標と期限を設定すると、期限までの残り時間が表示される。

時間が絶え間なく流れている感じを出すために、秒未満まで表示するようにしてみた。


また、目標期限ではなく自分の誕生日とか、「30 代の終わり」のような節目までの残り時間を表示する機能もつけてみた。

先日紹介した動画の最後のほう(13分くらいのところ)に、Life Calendar というものが出てくる。(動画をまだ見ていない方はぜひ見てほしい。)

これは何かというと、1週間をひとつのボックスとして、90 歳まで生きた場合の時間を視覚的に表したものだ。

そんなにたくさん時間はなさそうでしょ? というのがこの動画の趣旨だが、中には「まだたっぷり時間は残っているぞ」と思う人もいるかもしれない。

でも、例えば今 30 代だったとして、70 歳になったときにも今と同じ体力、気力を維持できているだろうか?

もちろん財力などは逆に向上している可能性があるし、人によっては若い頃より元気になっていたりするかもしれないけれど。

いずれにせよ、今の一週間と 10 年後、20 年後の一週間では価値というか、性質が違うものなのだということは意識しておいたほうがよさそうだ。

アラサー、アラフォーなんていう言葉をよく聞くけど、10 年ごとの区切りはみんなやっぱり意識しているらしい。

20 代のうちに結婚したい、とか、30 代のうちに独立したい、とか、10 年単位を人生の大きな区切りとして捉えている人は多いと思う。

でも、○○ 代前半のときにはほとんど気にしていなくて、アラ ○○ と呼ばれる年齢になって急に意識し始めるというのが実情ではないだろうか。

31 歳の時も 39 歳の時も、時間は同じ速さで進み続けたはずなのに。

そんなわけで、「今の ○○ 代」が終わるまでの残り時間も表示できるようにしてみた。

興味のある方はぜひ試していただけると嬉しい。


アプリ Countdown の解説ページはこちら

https://capriccioso.info/apps/countdown

ブラウザで動くので、登録もインストールも不要です。

気に入っていただけたらブラウザでブックマークするか、スマホをお使いなら通常のアプリのようにホーム画面に登録することもできます。


自己管理能力「レベル1」な人のためのプチ・アプリ集

Capriccioso, ma non troppo -- https://capriccioso.info/

aile@capriccioso.info